資産運用会社
みずほリートマネジメント
スポンサー
みずほ信託銀行

English

検索窓を開く

検索窓を閉じる

証券コード:3290

  1. ホーム
  2. 投資法人について
  3. 執行役員ご挨拶

Message from Executive Director執行役員ご挨拶

執行役員 鍋山 洋章

投資主の皆様へ

投資主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素はOneリート投資法人に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 本投資法人の第16期(2021年8月期)の運用状況についてご報告申し上げます。
 本投資法人は、これまで以上に中長期にわたる安定的な収益確保と成長性の両面を追求するポートフォリオ構築を目指すことを目的として、2021年5月25日開催の本投資法人の投資主総会において、商業施設を主たる投資対象からは除外するよう規約の変更を行いました。また、ポートフォリオの質的改善を図るための資産入替として、2021年3月26日付で湯島ファーストジェネシスビル、36山京ビル及びfab南大沢の3物件を譲渡するとともに、同年同月30日付でD's VARIE本郷ビル、MSB-21南大塚ビル及びD's VARIE神田ビルの3物件を取得しました。
 また、マーケット動向を踏まえ、新規募集賃料を柔軟に設定するなど稼働率の維持・向上を重視したリーシング活動を行うとともに、管理面では、テナントニーズや物件毎の特性を踏まえた最適コストの実現を図り、賃貸事業収支の向上に努めました。
 この結果、当期末現在の本投資法人の保有資産合計は25物件(取得価格合計104,270百万円。なお、匿名組合出資持分は含みません。)、総賃貸可能面積は152,934.87㎡、また、当期末現在の稼働率は99.2%となりました。
 分配金については、一時差異等調整引当額戻入額611百万円及び不動産等売却益の発生等により前期以前に内部留保した額を控除後の当期未処分利益の概ね全額を分配することとしました。その結果、投資口1口当たりの分配金は7,546円となりました。

 本投資法人は、今後もスポンサーのサポートを最大限に活用し、「分配金の持続的な成長」と「ポートフォリオ・財務構造に配慮した規律ある外部成長」を追求し、投資主価値の最大化を目指してまいります。
 投資主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ